<< 猫の鼻がつまっている・鼻水が出る。 | TOP | 猫は日常から清潔にしてあげましょう。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

猫の口臭が気になるときには。

猫の口臭が気になるときには...
【舌炎】【口内炎】【歯周炎】などが考えられます。

猫の舌炎は、ウイルスや細菌、真菌などの感染により、舌が白くただれたり、
赤く炎症を起こす病気です。

猫の口内炎は、口腔内の粘膜に炎症を起こした場合を特に口内炎といいます。
舌や歯肉・口腔の粘膜などが炎症をおこし、赤く腫れたり潰瘍になったりします。
猫の歯周炎は、歯肉炎が歯を支える根膜・歯槽骨・歯肉より深い歯塊膜や歯槽
骨まで、病気が進んでいるものを歯周炎と呼びます。
歯肉、いわゆる歯茎だけに炎症を起こしているものを歯肉炎といいます。



原因はウイルスや細菌、真菌などの感染など口の中の異物や「猫の風邪」と言われる
カリシウイルス感染症などの症状として現れる場合もあります。
症状としては、口腔粘膜が炎症を起こすため、よだれが沢山出たり、口を痛がる、口臭
がきつくなる窓の症状がみられます。お腹が空いていても食事がとりにくく、食事量が極
端に減ったりします。

歯石の蓄積、魚の骨や鱗が刺さることなどが主な原因となりますがウイルス感染によっ
て免疫力が低下し、口内炎を発症する場合もあります。
症状は食事も食べようとしなくなります。元気もなくなり、口の周りや頬に触られるのを嫌
がります。よだれがひどく垂れて、口臭もきつくなり、放置しておくと体自体が衰弱して脱
水症状が見られることもあります。

ほとんどの老猫に歯石がついた歯周病が見られますが、原因は歯垢や歯石には細菌
が付きやすく繁殖しやすいために炎症を引き起こす事が多いようです。
口臭がひどくなったり、口が痛くて食べようとしても食べれないなど食欲が低下して元気
もなくなります。歯ぐきの炎症が進行すると歯肉炎から歯周炎へと移行していきます。


予防と対策としては、口内洗浄を行います。獣医さんで歯石を取り除き、歯周炎の部分
に消毒殺菌用のヨード液を塗布し、抗生物質を投与します事や、抜歯をする場合もあり。

毎日の歯磨きを習慣にしましょう。

| 猫の口臭が気になるときには。 | 猫の病気対策グッズ |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ